報酬がお金ではなくなったとしたら。未来はもっと生きやすくなる!

20世紀「ハイパー消費」から21世紀は「コラボ消費」の時代へ
信用がアクセス先の決め手であり、広告が選択を左右されたハイパー消費から評判が決め手であり、コミュ二ティが選択を左右するコラボ消費時代へ

コラボ消費の中心となるコラボレーションは、地域に根づいた「顔の見えるもの」にもなりうるし、インターネットを利用してつながり、結びつき、グループとなり、ものや人をみつけて「多対多」の個人の関りを生むものになる可能性もある。

職場、居住地域やマンション、学校、フェイスブック
分かち合いやつながり

シェアリングエコノミーでは「好感情」が流通する

必ずしも金銭ではない
時間を交換する(タイムバンク・タイムリパブリック)

必ずしも金銭ではない
夢があり、未来がありる!
物々交換ということもあり得る!

つながりを求めるというテーマで切り込めば
いろんな可能性が考えられますよね。

ただ「稼ぐ」という点ではやっぱり難しいかな。
メインではなく副業としての位置づけがいいですね。

こんなビジネスも!
「シェアリングエコノミー」を実践する10の海外スタートアップ

“時間”を売り買いする経済システム「タイムバンキング」

ビザスク

シェアリングエコノミーをビジネスとして確立させるには
いろいろとクリアしなければならない課題も多いよう。

AI化の進行とともにコミュニティ化は進んでいくことでしょう。
稼ぐという概念が根本的に変化すると感じています。

稼ぐ=お金

ではなく

必要とされる
人とつながる
ここに存在している意味

「よろこび」がメインテーマになっていくのかも。

報酬がお金でなくなったとしたら、争いも
蹴落としあいもなくなってたのしい世の中になる!

期待をこめ、この学びをいったん締めくくることにいたします。

個人的にはタイムバンキングというシステムに興味津々!

あなたはどう感じたかしら?

シェアリングエコノミーについて知識を深めたい方はぜひ本を読んでみてね。
訳者のあとがきを含め366ページにわたり、読み応えがあります!

今日の学びをしっかり頭に叩きこみ、あたらしいビジネスのかたちを考えていきましょ。

出典 シェアリングエコノミー 日経BP社

関連記事

  1. ビジネスヒント

    主力の稼ぐ力はどう養えばいい?

    シェアリングエコノミーでは「今あるもの」から価値を見出し利用するという…

  2. ビジネスヒント

    「1,111億1,111万1,111円」ですって!タイミングはきっと「今」に違いないわ!

    10億ドル想像もつかない!1、000、000、000ゼロが…

  3. ビジネスヒント

    ミニマリストだけじゃない。ミニマリズムはビジネスにも波及中!?

    旬なビジネスのキーワードを知ろう!備忘録メモ今日のまなびは「P2P…

  4. ビジネスヒント

    新たなビジネスの視点を邪魔するもの

    米エアビー、民泊以外に事業拡大の深謀訪日旅行の未開拓市場に先手…

  5. ビジネスヒント

    孤独からの脱出。その思いが始まりのきっかけをつくる

    ミニマリストだけじゃない。ミニマリズムはビジネスにも波及中!?…

  6. ビジネスヒント

    「もしも失敗したら、別の仕事を探せばいい」

    7割以上が代以降に成功のきっかけをつかんだ!IT業界出身者は全体の…

PAGE TOP