別れの決断が引き寄せたプロポーズ

ちょうどいまごろだったのね。
カレとの別れを決意したのは。

K子ちゃんには学生時代からおつきあいを続けていた
Uくんというカレがいました。

馴れ合いという感じはあるものの
穏やかな毎日が続いていたそうです。

ただ…

結婚に対しての意識の違いに
ケンカが増えていきました。

そろそろ家族になりたいK子ちゃんと
まだまだ独身でいたいUくん

衝突するたびにK子ちゃんは悩みました。

「彼が決断できる日まで待とう」

でもすぐに疑問でいっぱいになるココロ。

「私のことを好きならどうして?」

そうしてどんどん一緒にいても
笑いあえないおもたい時間が増えていきました。

「このままじゃ2人ともダメになる」

「わたしイヤな女になっちゃう」

おもいきって
がんばって
お別れを決断したのよね。

それから数か月は辛くて辛くて
お会いするたびに泣いていらっしゃました。

肌を重ねたお相手の‘氣’は
なかなかぬぐえないもの。

時間が解決する日を待つしかないのです。

それでも仕事も休まずに
頑張っていたK子ちゃんに

Uくんがなんとプロポーズ♪

離れていた数か月、
彼女の大切さを確認したと。

2人はあたらしいレールの上を歩きはじめています。

おもいきって
つらさに打ち勝ち自らの決断と勇氣が
人生の風向きを‘幸せ’方位に変える。

これは恋愛に限ったことではありません。

決断を実行するにはものすごい勇気と
同時にやってくる副作用に打ち勝たなくてはならず

だからこそ「やめる」決断を実行したあかつきには
天からギフトがやってくるんだわ。

‘負’のエネルギーを自ら遮断する勇気を!

PAGE TOP