始める前に「最悪の事態」を想定する

起りえるだろう問題を考えつく限り書き出し
それについての解決策を考えておく。

もちろん状況は日々変わるし
やってみないとわからないコトも多い。

最初から悪いコトを考えるなんて。
と嫌がる方も多いですが

何か起きてもあわてずにすみます。

それが想定していた事態とまったく違う状況だとしても
(たいていトラブルは考えてもいない方向からやってきます)

意外とおちついて考えることができるようになるんですよね。

定期的にこのレッスンを繰り返すようにしていくと
どたんばに強くなる力が育つのです。

最近もクライアントさんから
(こちらの方はやってもいないうちから不吉だからと最初はかなり抵抗があったとおっしゃっていました)

「助かりました。あわてずにすんだのは、最初に失敗を想定して想像し
思いつく限りの解決策を考えておく癖をつけていたからに違いありません」と。

この解決策には

「○○さんに相談する」
「○○機関に問い合わせる」なども入ります。

必ず解決策はあるものです。

すべて自分で抱えずに、できるだけその道のプロフェショナルや
経験者さんなどに相談するという道についても
調べておいたり、人脈を広げておくとよいです。

仕事をする上でヒントになることや
アイディアにつながるコトなどの記事などなど

女性のための成幸のヒントときどきこちらも更新中♪
women’s商力向上委員会

関連記事

  1. 孤独からの脱出。その思いが始まりのきっかけをつくる

  2. 「もしも失敗したら、別の仕事を探せばいい」

  3. 「1,111億1,111万1,111円」ですって!タイミング…

  4. ここから飛び出す勇氣をもてば、そこに広がる世界は驚きと輝きで…

  5. 可能性を広げるビジネスの思考力「ネイリスト編」

  6. 最速で動き、ゆっくりと待つ