ミニマリストだけじゃない。ミニマリズムはビジネスにも波及中!?

旬なビジネスのキーワードを知ろう!備忘録メモ
今日のまなびは「P2P」そして「シェアリングエコノミー」

アセットライト世代(資産を持たない世代)の到来!
この日本でもTV工場の集約に乗り出したパナソニックをはじめ、
企業が続々と資産圧縮というアセットライト経営を目指し始めています。

あらゆるものが資産をもたない時代
その流れを加速させているのがP2Pといわれるシステムのよう。

ビジネスのスタイルはBtoB(企業間取引)BtoC(企業と消費者の取引)でもなくp2p(peer-to-peer)へとシフトしているのです。

P2Pとはなんぞや
こちらのブログに説明が掲載されていました。

う~ん、、、むずかしい。

もうすこし調べてみると、このシステムは
スカイプやLINEがP2Pを利用しているということがわかりました。

ということはP2Pとはデジタルな共有ネットワークと考えてもいいのかしら。

だいじなこと
P2Pというシステムにより
「個人対個人」という流れを起こし始めているということを理解しておきましょ。

今後更にこのシステムの利用が広がってくと

私有物、実店舗、現金支給、出社が前提の常勤職は消え、共有財産、インターネット販売、仮想通貨支払、柔軟性のオンデマンド労働が増えていく

とのこと。

すでに世界では様々な形態のコミュニティビジネスが出現しています。
ubarや留守中に自宅を貸し出すサービスを仲介しているAirbnbが有名ですね。

 

このコミュニティビジネスの形態をシェアリングエコノミーとか
オンデマンドエコノミーと呼ぶようです。

ちょうど昨日、ワールドビジネスサテライトで
Airbnbの共同創設者ジョー・ゲビア氏が
たのしそうに盆栽づくりに没頭していました。

これからは民泊とからめ「体験」も売りにしていくとのこと。

日本は台湾の次に人気の旅行先だということで
盆栽とかみそづくりとか。

日本でしかできない「体験」にビジネスの可能性を見出していらっしゃるようです。

民泊
日本でもいよいよこれから本格始動ですね。

Airbnbでは留守宅を個人に貸し出すことから
いろいろと問題も起きていますね。

「体験」というものに力を注ぐことで事業そのものの安定をはかる
という思惑もあるのだと思います。

さてこの「シェアリングエコノミー」
はたして日本ではどうなのでしょうか?

次回はもうすこし知識を深めてまいりたいと思います。

 

出典 シェアリングエコノミー 日経BP社

ピックアップ記事

  1. 12月の開運は「○○しすぎない」にあり!ここぞのみちしるべ12月号
  2. 毎朝7時に更新♪ぐんぐん運を引き寄せる開運ナビゲーション 

関連記事

  1. ビジネスのこと

    遊ぶと育つ!稼ぎ力

    共感力と想像力で未来を描く稼ぎ力につながる共感力とは、顧客のニ…

  2. ビジネスのこと

    新たなビジネスの視点を邪魔するもの

    米エアビー、民泊以外に事業拡大の深謀訪日旅行の未開拓市場に先手…

  3. ビジネスのこと

    可能性を広げるビジネスの思考力「ネイリスト編」

    ネイルプリンターなるものは以前からあるようですが、こちらが千趣会という…

  4. ビジネスのこと

    眠っている才能、可能性を引き出すのはいま!

    わたくしがオンナが上がる商力向上委員会なるページを始めたのは、…

  5. ビジネスのこと

    「1,111億1,111万1,111円」ですって!タイミングはきっと「今」に違いないわ!

    10億ドル想像もつかない!1、000、000、000ゼロが…

  1. 開運メモ

    12月の開運は「○○しすぎない」にあり!ここぞのみちしるべ12月号
  2. 開運メモ

    毎朝7時に更新♪ぐんぐん運を引き寄せる開運ナビゲーション 
PAGE TOP